水処理の情報

水処理について

水は、私たちが生活し生命を維持する上で、欠かせないものです。その水処理は、次の3つに大別できます。
上水道:飲料水として使用に適する水を供給する。
中水道・工業用水水道:雑用水として使用できる水を供給する。
下水道:公共水域を汚染しないように処理してから排出する。
そして、今、工業の発達や世界的な人口の増加により、水資源の有効利用が求められていることから、再利用・段階的利用が行われています。
例えば、砂漠地帯などの海水の淡水化や、上水道における水源汚染対応のための活性炭吸着・膜処理・オゾン処理が必要となっています。また、下水道では、湖沼・河川の富栄養価防止のために、浮遊物質・濁度・有機物の処理だけでは無く、リンや窒素などを取り除くための高度処理が求められています。更に、工業などにおいては、半導体等の製造工程用・熱媒体としての循環水の管理や、排水中の有害物質の除去などがあります。

water001.jpg

水処理事例

公共下水道.jpg
公共下水道施設は、地下水路等で集められた都市部などの雨水、事業所や家庭から排出される汚水を、浄化処理し公共用水域へ排出するための施設。

農業集落排水施設.jpg
農村部では小さな集落が分散していることが多いため、農村(農業振興地域)のし尿や生活排水を下水道よりも小さい数集落単位の規模で集め処理して、農業用水路や河川に戻すための施設。

コミュニティプラント.jpg
地方自治体や公社、民間事業者の開発行為による住宅団地などにおいて、し尿や生活排水を合わせて処理する施設で、小規模下水処理場(装置)と呼ばれることもある。一般廃棄物処理計画に基づいて設置され、下水道が普及していない地区の団地での下水道の代替施設となる。

合併処理浄化槽.png
合併処理浄化槽(じょうかそう)とは、水洗式便所と連結して、屎尿(糞および尿)と併せて生活に伴い発生する汚水(生活雑排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備(浄化槽法より)。